Let us be Skywatchers

Thunder Cloud

[日本語]

Significance of what real stars show us in terms of astrology and Rumen Kolev’s research

“Astrology without watching real stars means nothing since we are dealing with stars,” said Mr.Kolev. The lightning hit me. It was the most straightforward statement that I’ve waited for years other astrologers would tell me because I used to feel the same as a space lover. We see the differences between modern astrology and traditional astrology. But it is the only matter of their grammars and pronunciation. What the most critical fundamental subject is the phenomena in the sky, the planets and the stars, the creation of the creator. It is the subject we are standing in.

The last November, I attended the class about the ancient astrology by Rumen Kolev, Brugarian astrologer, who is an expert in Babylonian astrology. His statement unchained my struggles on astrology, which I had for decades.

I became a big fan of stars and space since I saw Saturn with a telescope when I was around six. It was a long before I chose to learn astrology. My hometown was in a suburb, and I could see many more stars than nowadays. I kept watching stars for a couple of hours every night with my 10cm reflecting telescope and a small binocular. But, as light pollution became worse, my enthusiasm for watching stars decreased. Yet, the beautifulness of stars has never lost its fascination. Every single time I watch the stars in the night sky, they speak in an unknown tongue. One of the reasons I study astrology is to maintain a connection to stars because I did not become an astronomer. So, casting a chart is the same thing as I paint a story of stars, or take photographs of stars and planets with my old Nikon.

Significance of what Mr.Kolev told me is that once again, it brought me into the beliefs of bonds lying between real stars and astrology. Astrology is neither science nor religion but is the language of stars, just like works of literature. However, some contradictions and unclear principles are lying behind against real stars shining in the night, vesper, and daybreak. I feel it from a star watcher’s point of view.

191129 Mercury Rising
Rising Mercury with Mars, November 29, 2019 at Yokohama Port, Japan

When you look up the winter sky in the northern hemisphere, you’ll see Orion and tri-star are shinning bravely. When you see Venus in the early morning, she spectacularly brights, and you may be impressed by her mighty lights. Or when you see Algol, a binary star, through the binocular, you may be awed by its mysterious shining light (though Algol represents the maliciousness in terms of the traditional astrology ). All of the star fans are attracted by those moments every time they look up the sky and see something very precious for each. Sometimes, I get inspiration from stars as if there were massive sounds of heavens behind the darkness and bright stars I hear not with ears but with soul. Some astrologers neither watch stars often; a few never care about it. Yet, many of us, astrologers, love watching the night sky. So, I hope you would agree with what I am feeling about the night sky. However, once having the chart of horoscope before me, it is not difficult to forget those moments with rules of astrology. Without logic and standards, we have no way to figure out what stars tell us, and it is easy to lose the way into ambiguousness. Little did I know how other astrologers may feel about it, yet I sometimes felt a solid boundary wall was standing between real stars and astrology. Occasionally, inspiration from the moment with stars tells us a lot more than a single chart. And I was wondering why many authors only tell us the theories but not about real stars.

a little about Rumen Kolev’s research

The Babylonian Astrolabe: The Calendar of Creation
The Babylonian Astrolabe: The Calendar of Creation written by Rumen Kolev

In his class, I learned the differences between traditional astrology and Babylonians as follows;
・Babylonian sign systems (much alike sidereal in Vedic)
・Venus and her heliacal phases
・Fixstars in terms of Babylonians
・A star on the horizon
・Directions
・Microzodiacs and harmonization with a natal chart
I do not write detail about what I learned in his class because it is only the beginning of the studies, although it was enough to convince me to keep studying astrology for the rest of my life. Probably, it is better to summerise what he has done for the last two decades.
Mr. Kolev is polyglot, speaks Bulgarian, German, English, and other few languages also, reads including Ancient Arabic and Greek, also cuneiform. In 2013, he published his book, The Babylonian Astrolabe: The Calendar of Creation, in the academics field by the support of Dr. Simo Parpola (Ph.D.). And he wrote computer software, “Placidus” and “Sumer,” which is only one software combining astrological algorism and real star simulator, which can calculate the configuration of planets and constellations for over 6,000 years. What impressed me the most was that, through ten years, he kept observing the sky in time before sunrise and sunset due to developing his software.

Placidus and Sumer
Placidus and Sumer

I asked him what made him write computer software. He said, “I wanted to deal with the primary directions and the Babylonian method.”
” Were you a computer programmer at that time? ” I asked him again.
” No, I was not.” he smiled.
” So, you learned to program by your self from the first ”
” No, first of all, I hired programmers in Bulgaria when I was in the U.S., and a year later, I found what they wrote did not satisfy me at all. So, I hired another man, a greater man.”
” I see, you asked him to build a better one.” I nod.
” No, to learn how to write programming on Windows. I hired a professor of computer science who taught it to me for one year sitting just right next to me for eight hours every day,” he told me and smiled with a mischievous glance like a little boy.

He told us that a significant achievement he made was that, in his book, he proved that the arrays of stars written in one Babylonian tablet were recorded based upon the astronomical observation that took place in 5,500 BCE. However, since the book was published, no scholar has reviewed it yet. It is not because of inaccuracy, but because no one still ever finds how to evaluate. His study could overthrow established theory in interdisciplinary research. It is one of the reasons; no one would want to touch it. And, also I assume his research will change the basic concept of astrology nowadays and the connection between a real star and astrology in the future, no matter how much time it will take.

Rumen Kolev at teaching
Dr.Rumen Kolev

https://www.facebook.com/rumen.kolev.astrolog
Placidus https://alabe.com/placidus.html

 
[ENGLISH]

さあ空を観よう

天体観測の重要性と占星術、ルーメン・コーレフ氏の研究

コーレフ氏曰く「実際の天体を観測しない占星術には全く意味がない」
その言葉を直接聞いたときは、まるで稲妻に撃たれた様でした。他の占星術師の方が同じことを言うのをずっと待っていたからです。近代占星術だろうと古典占星術であろうと、言ってみれば文法や発音の違いにすぎません。問題は天体の動き、空で起きている事象、創造主の手による現象です。それこそがわたしたちが基礎としている主題だからです。

2019年11月、バビロニア占星術の研究者、ルーメン・コーレフ先生の講義を受けることで、長年くすぶっていた疑問が氷解しました。

星空との関わりは、占星術と関わる何年も前、幼少時に参加した天体観望会で土星を見せてもらったことがきっかけでした。6歳ごろです。それ以来、天体望遠鏡で星を眺めることが日課になりました。当時、郊外にあった自宅では今よりもずっと沢山の星々が輝いていました。最初は6センチ屈折望遠鏡を姉からもらい受け、その後10センチ反射天体望遠鏡を手に入れました。光害で夜空が明るくになるにつれて天体観測熱は冷めていくのですが、星々の光が魅力を失ったことはありません。眺めるたびに、知らない言葉で語りかけてくる存在が夜空の星でした。占星術をはじめた理由のひとつは、星との繋がりです。数理が苦手で天文学の道には進めなかったからです。ですから、自分にとって占星術チャートを読むことは、星の物語を描いたり、星景写真を撮ることと殆ど変わりがありません。

さて、コーレフ先生。氏の言葉が何をもたらしたかと言えば、実際の星と占星術の間にある繋がり、信頼に足る絆です。占星術は天の文学、アートだと私は考えています。科学でも宗教でもありません。でも、これまで自分は問題を抱えていました。占星術には実際の星空にそぐわないと感じる正体不明のルールや矛盾があったからです。それは、占星術師としてではなく、単に星を眺める一人として感じることです。

たとえば、北半球の冬の夜空に立ち上がるオリオン座の勇姿、日の出前の東の空に力強く輝く男性的な金星、双眼鏡で眺めたアルゴルの神秘的な光の揺らぎ…そうした魅力に多くの天体ファンは魅了されます。そうした感動は何度見ても変わることはなく、裏切られることもありません。星々の背後から聞こえる巨大な轟音、そのインスピレーションはいちどとして同じことはなく、それでいて見る者を圧倒します。一部を除き、星を眺めるのが嫌いな占星術師はいないと思うので、その感覚は理解していただけると思います。でも、占星術のルールを基にチャートを見る時、そうした感覚を失うこともあるのです。たしかに理論や原則なしで、星々の言葉を理解することは無理でしょう。そうした規則がなければ、曖昧な感覚で判断を誤ることにもなります。他の占星術師の方がどう感じられているのか知る由もありませんが、実際の星空と占星術の間には、巨大な壁が立ちはだかっていると感じることがあります。時として、実際の星空の方がチャートよりも多くを語っているときがあるからです。そして、多くの占星術師が占星術理論を伝えるのに、実際の星々については何も著述していないことも疑問のひとつでした。

ルーメン・コーレフ氏とのその研究

The Babylonian Astrolabe: The Calendar of Creation
The Babylonian Astrolabe: The Calendar of Creation written by Rumen Kolev

授業では、現代に伝えられている古典占星術とバビロニア占星術の違いを学びます。
・バビロニアの黄道サインシステム
・金星を始めとする天体のヘリアカル・フェイズ
・等級
・バビロニア占星術の恒星
・地平線上にある天体
・ディレクション
・マイクロゾディアック
・エグザルテーションの根拠
・昼と夜:すべての基本となるデイ・プラネットとナイト・プラネット
・読解の原則
など

習い始めた基礎段階ですから、詳細については省きますが、占星術を学び続けるに値する内容です。コーレフ氏は鬼才と呼ぶに相応しい研究者・実践者です。ブルガリア語、英語、ドイツ語、イタリア語、トルコ語、ラテン語、ギリシャ語、アラビア語を操り、読解する言語は古代ギリシャ語、古代アラビア語、バビロニアの楔文字に及びます。今回は1ヶ月ほどの滞在でしたが、日本語習得にも興味を示されていました。曰く「日本語はトルコ語やシュメール語と同じ膠着語(こうちゃくご)。構造が数学的なところが似ている。次回来た時に学びたい」とのこと。言語学習遍歴は、個人英語授業を中学時代に受けたところから始まり、18歳前後にラテン語とギリシャ語を学び、現在、ひとつの言語を習得する期間は1年前後だそうです。2013年、それまでの研究成果をシモ・パルポア博士の協力のもとで学術論文「The Babylonian Astrolabe: The Calendar of Creation」を発表します。また、天文占星術アプリケーション「Placidus」と「Sumer」を開発。両者は6,000年以上の天文計算と、ヘリアカル・フェイズを算出できる唯一の天文占星術統合ソフトウェアです。同ソフトの開発のために10年間、早朝と夕方に星を観察した話には本当に驚きました。

何故ソフトウェア開発を始めたのかを訊ねたところ、
「プラマリー・ディレクションとバビロニア占星術メソッドをやりたかった」との返答。
「その時、プログラマーだったのですか?」と聞くと
すると「いや、ちがうよ」と。

「では、そこからプログラミングを学ばれたと?」
「いや、最初はブルガリアのプログラマーを二人雇った。当時わたしは米国にいたのだけど、1年後にブルガリアに戻って確認したら、それがもう酷い出来だった。だから、別のさらに優秀な人を雇うことにしたんだ」
「なるほど、もっと優れたソフトを開発するためですね」
「いや、ウィンドウズのプログラミングを学ぶためだよ。1年間毎日8時間自分の橫で教えてもらうために、コンピューターサイエンスの教授を雇ったんだ。当時ブルガリアは経済危機にあって、皆が仕事にあぶれていた。その教授にすればかなり割りの良い支払をしたと思うよ」
そんな話をするとき、決まってイタズラ好きの少年の様な顔になるのが、コーレフ氏。

Placidus and Sumer
Placidus and Sumer

「わたしにとって重要だったのは2013年に自著を学会で発表・出版したことだ。
ソフトウェアを開発し、『バビロニア・アストロラーベ』として知られている楔文字粘土板に書かれた天文情報が、紀元前5500年前のものだとつきとめた。
これを色々な学会誌に送ったよ。フランスで出されているそのスジでは有名な学会誌があるんだけど、ここにもアプローチした。ところが相手にはしてくれない。だから、バビロニアの研究で著名なフンガー博士にも二度、直接会って研究成果を見てもらった。何週間後かに返事が来たけど、答えはNO。それに、フランスの学会誌は彼が責任者で掲載許可も出さないと言われてしまった。理由はわかっていたよ。従来の学説とはあまりにも違っていたからだ。アストロラーベとして知られていた粘土板の記述については、概念的なもので実際の天文情報だなんて誰も考えていなかったんだ。天文暦から作り直し、ソフトウェアを作ったけど、これを検証できる人も学界にはいない。八方塞がりのなかで出会ったのが、シモ・パルポア博士だ。彼だけは非常に興味をもってくれた。それで博士が主宰する学会で発表する機会をもらったんだ。その時も発表終了後は一堂静まりかえって、シーンとしていたよ。パルポア博士が拍手を始めたから、皆あとに続いてくれたけどね」

氏曰く「連絡を取り合っていた研究者は沢山いたんだけど、あの本が発表されてから、パルポア博士以外は誰もが私から距離を置くようになったよ。それに普通、学会で発表された論文には誰かしらのレビューがつくのだけど、わたしの論文には誰も触れたがらない。それまでの考え方を全部ひっくり返してしまうからだ」

これは占星術においても同様だと思います。実際の観察に基づいた天体の状態を考慮する手法、バビロニア時代以降に失われたチャート評価方法は、現代で復興する「古典占星術」の概念をも揺るがしかねないからです。ただ、それに何年かかるかは別として、現代の占星術の基本概念を根こそぎ変える時がいずれは訪れるでしょう。氏の研究にはそこまでのインパクトがあると私は思います。

Rumen Kolev at teaching
Dr.Rumen Kolev

https://www.facebook.com/rumen.kolev.astrolog

ソフトウェア:プラシーダス https://alabe.com/placidus.html

コーレフ先生と、来日に際して準備を整えてくださった星子真理子さんには改めてお礼申し上げます。

[2019/12/27]日本語版は主旨こそ英文に沿ってはいますが、詳細については大きく隔たりがあります。後日英語版を改訂します。

Leave a Reply