How the divine mind is projecting your life through the chart

It was the first day of a three-day intensive course of prediction, in Tokyo, by Dr. Benjamin Dykes. My birth chart was added to the agenda as one of the case studies. The explanation by Dr.Dykes came to the Profections. So my personal events that repeat every 12 years were revealed. The Profection drew my past almost entirely, and I admired this simple technique. However, I could not sleep for two nights since this day because I was annoyed by the feeling of depression, contrary to the joy of knowing the art.
In the period which was picked up as a case study, I experienced the deaths and separations of precious people, as well as encounters. When the events on the same subject repeatedly occur in one’s life, one has been asked the same theme. When I thought about the events that happen every 12 years, I wondered whether I thought of the subject enough. Moreover, I realized that I was being trapped in the wheel of destiny as if running in the hamster wheel.

On June 9th, 2019, the last day of the course, I told Dr. Dykes about this feeling regarding the Profections.


“This is a spiritual question of how do we face evil and sorrow,” said Dr. Dykes.

“Some older authors criticized astrology because they say it made people unhappy because if you know something is coming, you will think that you will be unhappy from now until it happens. One response is that you know Winter is coming every year and the farmers prepare for it; it is not evil to know Winter comes. It also deals with how we value things in the material world.

There is a statement in Bonatti, and it also comes from a store’s philosopher Seneca. It is that idea that the hope and the fear go together because when you have a hope or a fear, your mind is always in the future, and you should focus on what’s happening now.

In Astrology, the house of hope is in the succedent house, which means what’s coming next, and the 8th, which is the house of fear also in the succedent house. The angular houses always show what’s happening now, what is present.

Our challenge as human beings is how we can live in the present, and prepare for the future without mentally living in the future. So, releasing ourselves from hope and fear, Seneca says that with people are made unhappy by hope and fear, and when they have a hope and a fear, they become unhappy now.

The fact that profections can do this, that we live in this life of cycles it forces us to change our attitude about life. Also, to ask spiritual questions about how much, how attached we are to the things of this world, how much we should have hope and fear.

One thing to remember about the time lords is that the time lords change.
I remember when I was the 8th house profection, the things were terrible. Everything of my life was falling apart. I was in a very dark place. I just started to learn Profection; when I was walking down on the street, in a terrible state, I suddenly realized that my time lord would change in a few months. I was in this cycle, but I have been projecting my problems all into the future as though current my profection would always be true. However, the idea of the time lord shows us that the time lords is managing your life now, and then it will hand it over to another planet, that is in Greek what they say, each planet hands over to the next one.

My teacher, Robert Zoller, said that you don’t have to be a religious or a spiritual to do the traditional astrology. However, when seeing things like Profections, it forces you to ask religious questions about how the divine mind is projecting your life through the chart. I don’t know as astrologers we can answer the question, we have to become philosophers on things like that. When I see the difficult a profection happening, I start thinking about what things on a need to change before it begins so that I can prepare like a farmer for Winter. I guess if we were all really wise philosophers, we also would prepare for good things but instead, we worry and fear bad things, and then we don’t appreciate good things when they happen.”


What Dr.Dykes remarked makes clear how we think the future and how we face the material world no matter whether one does Astrology or not. Also, when we face astrology, I believe that many would possibly have similar kind of questions. So I decided to post this article.

I thank the organizers Natural Spirit.Inc, for permitting me to this article.
I also thank Mr.Yoichiro Tanaka, who prepared this course, and I thank Ms.Mie Ikeda, for interpreting my confusing question.

I sincerely thank Dr.Dykes for giving us a lecture that includes many techniques and philosophical insights.

transcribed by astrogrammar

 

神聖な意図は、いかにしてホロスコープに人生を投影するか

ベンジャミン・ダイクス博士によるプレディクションの三日間集中講座の初日、私の出生チャートをケーススタディのひとつに加えてもらいました。その際に、博士の話はプロフェクション[※4]に及びます。そして、12年毎に繰り返す個人的事象が明らかにされました。タイミングはほぼ完璧に過去を描き、このシンプルな技法に感嘆しました。ただ、その後二日間眠れない夜が続いたのは、プロフェクションの技法に触れた喜びとは反対に、暗鬱とした気分に苛まれたからです。

取りあげられた時期では重要な人の死や離別、同時に出会いを得ていました。同じ主題の出来事を繰り返すのは、そのテーマを問われているからです。少なくとも私はそう考えます。12年毎に起きる出来事を考えた時、そのテーマの本質をわたし自身が捉えていたのか、とても疑問に思いました。そして自分が、運命の輪の中にいて、さながら回し車で走るネズミの様であることを自覚したのです。

2019年6月9日、講習の最終日、これについてダイクス博士の考えを尋ねました。


『それは我々が災厄や悲しみとどう向き合うかという精神的な疑問ですね。』

『何かが起きることを事前に知らされた人間は、実際にそれが起きるまで心を悩ませ、人を不幸にさせてしまうーーそうした理由で占星術を批判する者たちは古代にもいました。
それに対する答えは、農夫が冬に備えるのと同じく、冬が来ることを事前に知るのは悪ではないということです。

また同時に、それは我々がこの物質世界をどの様に捉えるかという問題でもあります。

ボナッティ [※2]とストア派の哲学者セネカ [※3]はこう伝えています。
ー 希望・期待と恐怖は同居している、なぜなら人が期待や恐怖を抱えるとき、その人の心は未来にしかない。だが本当は今なにが起きているかということだけが重要なのだ ー

占星術において「希望・期待」を示す第11ハウスはサクシダントです。つまり何が次に来るのかを示している。第8ハウスは恐怖を示し、これもまたサクシダントハウスですね。一方、アンギュラーハウス [※4]は常に現状、そして現在何が起きているのかを示しています。

人間として、私たちの挑戦はいかに現在を生きるかということ、そして未来に心を奪われることなく、未来に対し準備をすることです。我々自身を期待や恐怖から自由にするために、セネカはこう続けます。人は希望と恐怖によって不幸となり、彼らが希望と恐怖を持つとき、彼らの現在は不幸になるのだ…と。

周期の中で生きる私たちにとって、プロフェクションは役立ちます。我々自身の人生に対する姿勢を変える力がある。そして、また我々がどれだけ現実世界の物事に執着しているか、希望と恐怖に囚われているかという精神的問題を問うのです。

タイムロード [※5]について覚えておかねばならないことは、タイムロードは代わるということです。
ある時期、わたしのタイムロードは8室にあり、最悪な日々がつづいていました。なにもかもが破局し、漆黒の闇で藻掻いていました。それはプロフェクションを学び始めた時でもあったのですが、最悪な精神状態で街を歩いていたとき、あと数ヶ月でタイムロードが代わることを理解しました。しかしその時のわたしは、全ての問題を未来に投影し、まるでその最悪な時期がずっと続くかの様に思い込んでいたのです。しかし実のところ、タイムロードは現在の人生を管轄するのであって、時期が来れば別の惑星にその役割を手渡します。つまり古代ギリシャ人が言った様に、惑星は次の惑星へとテーマを継承してゆくのです。

わたしの師、ロバート・ゾラーは伝統的占星術を学ぶにあたり、宗教的、精神的になる必要はないと言いました。でも、プロフェクションの様なことを知ると、どの様に神聖な意志が我々の人生をチャートに投影しているのか、という宗教的疑問を抱かざるを得ません。占星術師としてこうした問題に答えられるのかは分かりません。こうした問題に対して私たちは哲学者にならねばならないのです。

私はプロフェクションで問題が起きることを観る時、農夫が冬に備える様に事前に何を変える必要があるかを考えます。そして、もし私たち全員が真に優れた哲学者であるならば、良いことが起きることについても備えるのでしょう。でも、もし悪しきことを恐れ、心を奪われるのなら、良いことが起きたとしてもそれに感謝することはないのです。』


博士の言葉は、占星術を行うかに関わらず、どのように未来を捉え物質世界と向き合うかを明らかにしています。またこれに似た問は占星術に向き合うとき、誰しもが抱くと思います。よって本稿を公開することにしました。

本稿掲載にあたり、主催者である株式会社ナチュラルスピリット様とベンジャミン・ダイクス博士より許諾を頂きました。ありがとうございます。また、本講座のファシリテーター田中要一郎さん、また当日わたしの分かりにくい話を通訳していただいた、いけだ笑みさんに改めてお礼申し上げます。

多くの技法と哲学的示唆を含んだ講義をしていただいたベンジャミン・ダイクス博士には深く感謝申し上げます。

※1. プロフェクション:出生チャートのハウスを年齢毎に診断する方法。第一ハウスを0歳、第二ハウスを1歳、第三ハウスを2歳、第四ハウスを3歳…という様に、12ハウスと年齢を照合し、ハウスと星座、支配星を各年齢域を診断する方法。
※2. Guido Bonatti グイド・ボナッティ(? – 1300年頃) イタリアの占星術師。ボローニャ大学占星術学部の教授。
※3. ルキウス・アンナエウス・セネカ (紀元前1年頃 – 65年4月)ローマ帝国のストア派の哲学者、政治家、詩人。
※4. ホロスコープ上の第一、四、七、十ハウス。12あるハウスのなかで特に重要なハウスとして扱われる

※5. タイムロード(時期支配星):プロフェクションから導かれる時期の支配星。各年において活性化し重要な役割を果たす。

書き起こし・翻訳:astrogrammar

Leave a Reply