Libra Ingress Chart, JAPAN 2019年秋分図

Moon Age 24

[日本語]

This article describes mainly the following three points interpreting on the ingress chart at the autumn equinox 2019; The state of the current administration of Japan, the economics, and the condition around the election for the House of Representatives which will possibly be taken place in a year or two.

Present Situation

The prime minister Abe still has two more years to go by autumn 2021, the end of his term as president of the Liberal Democratic Party. If the series of anti-cabinet movement arises or the current administration attempts stepping up government support during his administration; usually the cabinet without waiting till the end of its term will dissolve the Diet and try to bring about a solution by calling a general election. It is evident that the opposition parties can only defeat the current administration if they can present a united front; however, the current situation tells us that that is not likely to occur at ease. The domestic economic situation in Japan has been suffered by 20-year prolonged deflation, although the economy grew at a moderate pace in 2018 and the first quoter of 2019. In spite of the numbers of the opposite opinion, the current administration took the plan to raise the sales tax this coming October 2019. Some say the looming increase may spark recession fears. However, the latest public opinion survey shows the government’s approval rate exceeds 50%.

I look up the chart and interpret what it tells us.

Libra Ingres Chart

16:50 JST (GMT+9:00) September 23, 2019
The day chart

The sect light: the Sun in the eighth house, Libra
The most benefic: Jupiter in the tenth house, Sagittarius
The most malefic: Mars in the seventh house, Virgo
The ascendant: Pisces, Jupiter is the lord

The ascending sign is Pisces, which is a common sign. Thus, this chart valid for six months as I follow a general rule in traditional astrology that tells us Cardinal sign (Aries, Cancer, Libra, Capricorn) for three months, Common sign (Gemini, Virgo, Sagittarius, Pisces) for six months, and Fixed sign (Taurus, Leo, Scorpio, Aquarius) for one year.

Significators

  • The current administration
    Jupiter, The lord of the tenth: 17°12′ Sagittarius [diurnally placed]
    Co-significator: The Sun, the eighth house, 0°00′ Libra
  • The oppositions to the current administration
    Mercury, The lord of the fourth: 14°57 Libra
    Mars, the natural ruler of the opposition forces, the seventh house, 23°02 Virgo
  • The common people
    The Moon (the natural ruler of the common people): the fifth house, 15°10′ Cancer [nocturnally placed]
  • The financial state
    Mars, the lord of the second: the seventh house, 23°02′ Virgo

Positive factors

  • Jupiter is the lord of the ascendant, and he rules the chart and beholds the ascendant.
  • The lord of the tenth, Jupiter is in his domicile and diurnal placed, which makes him strong.
  • The lesser benefic, Venus is in her domicile, Libra, applying an aspect to Jupiter with a sextile.
  • She is diurnally placed and under the Sunbeam. Her strength reduces.
  • Mercury, the lord of the fourth, is having an aspect to Jupiter with a sextile, but separation and both planets are mutual receptions between their term.
  • The Moon, in her domicile, is having an aspect to Mars with a sextile (separating).

Negative factors

  • Jupiter has just passed the meridian, MC, so his strength just passed the peak.
  • The Sun is in the eighth house.
  • The most malefic in this chart, Mars, has an aspect to Jupiter with a square which it is said to be overcome, a definite signification of destruction for Jupiter. However, Mars is in Virgo 23° and has essential dignity by term (bound), and he is separating from Jupiter; his maliciousness reduces.
  • Jupiter beholds the Sun, but the Moon.
  • Mercury is in the eighth house and makes an aspect to the Moon with a square, which is overcoming. However, the Moon is separating; her ill effects reduce.

Interpretation

Although the peak has passed, the state of the current administration is substantial and confident.[a] A primary problematic indication is the issues arising from overseas. The administration will be suffered by the other countries with the effects on finance, and trade. The problem may arise from the countries or regions South West. [b]
If the prime minister decides to call the election for the House of Representatives by the end of March 2020, the current administration will win. [c]
There is a compromise or collaboration between the current administration and the oppositions. [d]
However, other oppositions’ accusations to the current administration will intensify.[e]
The economy and financial state will not improve and suffers from deflation, sliding investment, and weakening growth. However, the circumstances will be neither destructive nor collapse immediately.[f]

The Directions from Japan
The Directions from Japan, The image of the Earth from Google Earth

[a] The lord of the chart, Jupiter is in the tenth house, and he is well dignified.
[b] Mars is in the seventh at Virgo, and he is the ruler of the second and the ninth house.
[c] The oppositions, signified by Mercury, are not strong enough to change the current situation because Mercury has unfortunate placement, no strong support by the ordinary people represented by the Moon.
[d] A week mutual reception by term between Jupiter and Mercury
[e] Mars signifies the opposition and makes an aspect to Jupiter with a square.
[f] The most malefic Mars, the lord of the second house, represents a reduction of the trade profit, but his maliciousness reduces as mentioned above.

Evaluation

[18:16 on March 15, 2020]

a.
[A] Yes. No power threatens the current administration. The state of the current administration is substantial and confident.

b.
[F] The problem that emerged from the southwest was not a trading issue but a “cruise ship.”

c.
[-] Evaluation not required. The election did not take place.

d.
[F] No objective fact

e.
[F] No objective fact

f.
[D] Consumption tax hike and COVID-19 caused a catastrophic situation

 

2019年秋分図で見る半年間

本稿では、2019年秋分図から主に下記3点について述べます。
現政権・経済・2年以内に実施される衆議院選

現況

安倍首相の任期は、自民党総裁任期が終わる2021年秋までの2年を残しています。反政権運動が高まりを見せたり、政権の盤石化を図る必要がある時、通常政府は解散総選挙を行います。現状、野党が統一的に動かない限りは政権を脅かすことはあり得ません。2018年、2019年第一四半期において僅かな経済指標の上昇が見られましたが、20年つづくデフレーションによって、経済状況は芳しくありません。批判的な意見が多い中、10月からの消費税導入が決定しました。こうした増税がさらなる不況を起こしかねないと言う人たちもいますが、最新の世論調査で安倍政権の支持率は50%を越えています。

秋分図にはどう現れているのかを見ていきます。

Libra Ingres Chart

2019年9月23日
16:50 日本標準時間 (GMT+9:00)

昼のチャート

セクト・ライト:太陽 8室 てんびん宮
最吉星:木星 10室 いて宮
最凶星:火星 7室 おとめ宮
上昇宮:うお宮 支配星:木星

アセンダントはうお宮・柔軟宮です。下記、古典占星術の規則に従い本チャートの有効期間はおよそ半年間とします。活動宮(おひつじ・かに・てんびん・やぎ):チャート有効期間はおよそ3ヶ月、柔軟宮(ふたご・おとめ・いて・うお):6ヶ月、固定宮(おうし・しし・さそり・みずがめ):1年。

表示星(シグニフィケーター)

  • 現政権:木星・10室支配星・いて宮17°12’【昼の配置】
    補助表示星:太陽・8室・てんびん宮 0°00′
  • 野党:水星・4室支配星・てんびん宮14°57 、火星(対向勢力のナチュラル・ルーラー)7室・おとめ宮 23°02′
  • 国民:月(ナチュラル・ルーラー)5室、かに宮 15°10′ 【夜の配置】
  • 経済状況:火星・2室支配星・7室・おとめ宮 23°02′

肯定的要因

  • アセンダントと10室の支配星である木星がアセンダントへアスペクトし、昼の配置にあり且つドミサイル(ルーラー)のいて宮にあり、非常に強められた状態
  • 第二の吉星である金星がドミサイルのてんびん宮にあり、セキスタイルを形成している。昼の配置、サンビーム下にあるため、やや力は減衰する。
  • 4室支配星の水星は分離のセキスタイルを木星と形成、両星はタームでミューチュアル・レセプション
  • 月はドミサイルにあり、火星に分離のセキスタイルを形成

否定的要因

  • 木星は子午線(MC)を経過、勢力はピークを過ぎた状態
  • 太陽が第8室にある
  • 本チャートの最凶星火星は木星に対してスクウェアを形成し、制(overcome)にあるため木星には破壊的作用。ただし、分離アスペクト、火星がタームを得ていることから凶意はやや軽減される
  • 木星は太陽にアスペクトしているが、月にはしていない
  • 水星:8室にあり月と制(overcome)のスクウェア。分離アスペクトであるため凶意はやや軽減する。

解釈

現政権。隆盛のピークは過ぎていますが、状態は盤石で自信に満ちています。[a] 主な問題として、国家間においての財政的・貿易によるものから政府が悩まされる状態を示しています。また、そうした問題は日本から見て南西より現れる可能性があります。[b]
2020年3月末までに首相が解散総選挙を決断した場合は現政権が勝利します。[c]
現政権はいずれかの野党との妥協、何らかの協力体制を敷く可能性があります。 [d]ただ別の野党は批判をさらに強めます。[f]
デフレーション状態にある経済状況は変わらず、投資の減衰と低成長はつづきます。とは言え壊滅的な状況に陥るということはありません。[g]

The Directions from Japan
The Directions from Japan, The image of the Earth from Google Earth

[a] チャートの支配星である木星が強力で10室にあること
[b] 第2室の支配星火星がおとめ宮・7室にあること
[c] 野党を示す水星に現状を変えるほどの力がないこと。不運を表すハウスにあること。大衆からの支持を充分に得ていないこと
[d] 木星と水星のタームにおいて弱いミューチュアル・レセプション
[e] 対抗勢力を表すもうひとつの惑星、火星が木星に対してスクウェアを形成していること
[f] 本チャートの最凶星である火星が第2室の支配星であることから、財政の悪化、貿易・外交を原因とする収支悪化を表すこと。ただし、前述のとおり凶意はやや減少します

 

秋分図「経済」に関する3ヶ月の評価

[2020年1月12日 23:50記]

経済について下記の様に占断しました

デフレーション状態にある経済状況は変わらず、投資の減衰と低成長はつづきます。とは言え壊滅的な状況に陥るということはありません。

3月末に評定する予定でしたが、景気動向指数が明らかになったため、経済について先行評価を行います。

経済指標は低成長、投資の減衰というレベルではありません。消費税増税の影響で壊滅的な状況に向かっていると判断しました。つまり占断の後半を外し誤りました。

・景気動向指数 6年9ヶ月ぶりの低水準を記録
・個人消費低迷 景況感4期連続悪化

特に家計支出の落ち込みが顕著です。2014年の5%から8%への引き上げ時に、前年比同月比で「-4.6%」悪化しましたが、今回は「-5.1%」。特に「自動車」「小売り」「飲食」など個人消費に関連する売上落ち込みが酷い。飲食店の倒産件数は11月の時点で2018年を超え、年末年始にも関わらず百貨店の売上は軒並み前年度割れ。消費税増税がもたらした家計支出への悪影響は明白です。
また企業の生産活動の指標となる「鉱工業生産指数」は2ヶ月連続の低下。景気動向指数は、4ヶ月連続で「悪化」です。

Composit Index
2014/1-2019/11 景気動向指数 出典:内閣府
結論

これらの指標が「壊滅的」であること、また輸出関連数値の低迷、成長材料と政府の財政出動政策が見当たらないことから、この状況が続くことは予想に易く、7月からの実質的増税(ポイント還元、軽減税率の廃止)により、オリンピック特需が終わる夏以降さらに厳しい状況が待っていると考えられます。よって現状すでに「壊滅的な状況に陥り、さらなる悪化に向かっている」と判じます。なお、壊滅的と判ずる論拠は別項「壊滅的」の判断基準・景気動向指数の読み方と占断での使い方に詳述しました。
誤りの要因のひとつは、2室のアルムーテンの軽視と考えています。

占星術的考察:アルムーテンの重要性

経済解釈に加えていない天体は2室(経済)のアルムーテン(*1)太陽です。レジオモンタナスでは7室ですが、魚座アセンダントから数えて8室にあります。当然、アンギュラーの7室と、厳しい状況を示す8室では雲泥の差があり、その太陽は山羊座11室(議会)の土星と近接スクウェア(*2)、さらに昼チャートの最凶星・火星からも近接を受けています。火星が太陽と完全にコンジャンクトするまで7度。7単位の時間(7ヶ月なら4月)で悪化状況がさらに表面化する可能性は否めません。(太陽と火星はコンジャンクトしないため左記は無効です[1/13])太陽と土星が形成するスクウェア(14単位時間後)に注目します。

*1:ハウスカスプで最大のディグニティを得る天体(上記レジオモンタナスハウス区分では牡羊座の27度。最大ディグニティはエグザルテーション、トリプリシティを支配する太陽が得る)
*2:シングル・リセプションは有り(土星のエグザルテーションとトリプリシティで太陽が受容されている)

関連記事

昨年11月の景気指数、6年9カ月ぶり低水準=基調判断4カ月連続「悪化」
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_index-diffusion
増税で個人消費低迷 景況感4期連続悪化 12月短観
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201912/CK2019121402000138.html
景気動向指数 4か月連続で「悪化」 機械類の生産出荷が低迷
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200110/k10012241431000.html
百貨店4社12月売り上げは全社が前年割れ 初売りも振るわず
https://www.sankei.com/economy/news/200106/ecn2001060033-n1.html
飲食店の「倒産」件数が過去最多となる見込み。「酒場・ビヤホール」業態で倒産増加
https://www.inshokuten.com/foodist/article/5596/

備考

  1. 景気動向指数:経済統計から19の指標を選び、景気指標の変化が3ヶ月前に比べてプラスだった指標数の割合をみる。景気現状把握、将来の予測、景気転換点の判定をする
  2. CI(Composite Index)
    景気に敏感な指標の量的な動きを合成し、指標景気変動の大きさや量感を測定するための指数。

 

秋分図に関する評価

[2020年3月15日 18:16記]

[a]
【A】現政権を脅かす勢力が無いという意味で盤石。

[b]
【F】南西から現れ政府を悩ました問題は財政・貿易ではなく「クルーズ船」。

[c]
【-】評価不要

[d]
【F】格別な事象、客観的評価材料無し

[e]
【F】格別な事象、客観的評価材料無し

[f]
【D】消費税増税後、2019年11-12月時点でGDP-7.1%下落。COVID-19の影響が加わりリーマンショック時と同等かそれ以上の壊滅的打撃。

評価基準・A-B:良、C:可、D:不可、F:不合格